ヤクルト小川あと一死で大炎上!ノーノー以来、今季2度目の完投逃す

2020年09月20日 22時35分

9回二死で降板した小川

 あと一歩届かなかった。ヤクルトの小川泰弘投手(30)が20日の広島戦(神宮)に先発し8回2/3を11安打5失点と炎上した。8回までに101球、失点は1だった。8―1で9回のマウンドに立った小川だが、先頭・鈴木誠に二塁打。松山にも連打されて無死一、三塁とピンチを招く。続く堂林の併殺の間に1点を失った。

 二死走者なしとなったが、それでも落ち着かない。そこから田中広、磯村、坂倉、ピレラ、上本の5連打され、さらに4点を失い、8―6の2点差に迫られたところで2番手の石山と交代。石山が抑えたため9勝目を挙げたが、ノーヒットノーランを達成した8月15日のDeNA戦以来、今季2度目の完投勝利をあと一死で逃した。