巨人・丸が豪快16号2ラン! チーム4試合ぶりの一発

2020年09月20日 15時41分

ベンチ前で丸ポーズを披露した丸

 G打線がお目覚めか。巨人・丸佳浩外野手が20日のDeNA戦(横浜)で6試合ぶりとなる16号2ランを放った。

 甘い球をひと振りで仕留めた。1―0の4回無死一塁で、相手先発・大貫が投じた変化球が真ん中付近に入ってきたところを見逃さなかった。完璧に捉えた打球は高々と舞い上がり、右中間スタンドに着弾した。静まり返る青く染まったスタンドとは対照的に、盛り上がるベンチ前ではお約束の「丸ポーズ」を披露し「(先発の)畠が頑張っていたので、何とか追加点を取ってあげたかった。追加点が取れて良かったですね!」と声をはずませた。

 チームは3連敗中で、その3試合は2試合連続の完封負けを含め、わずか1得点。本塁打が出たのは、16日の阪神戦(東京ドーム)以来、4試合ぶり。丸の一発で〝呪縛〟を振り払い、一気に調子を取り戻せるか。