〝夏男〟広島・長野 秋になっても打つ! ヤクルト・吉田喜から先制二塁打

2020年09月19日 19時14分

1回、適時2塁打を放った長野

 秋も打つ。広島の長野久義外野手(35)が19日のヤクルト戦(神宮)に「3番・左翼」でスタメン出場し、初回一死一塁の第1打席にフルカウントから吉田喜の144キロ直球をとらえ、右中間を破る先制の適時二塁打を放った。

 ベテランらしく「キク(菊池涼)がよく走ってくれたので、先制点につながって良かったです」と後輩を持ち上げた長野は〝夏男〟の異名を取るが、気温が下がってきても好調を維持している。