西武ニールが6敗目…3連覇遠く、問われるベンチの姿勢

2020年09月18日 22時14分

西武・ニールは6敗目を喫した

 西武は18日のオリックス戦(京セラ大阪)に2―8と敗れ2連敗。このカードの通算成績を7勝8敗1分けとし借金は再び4となった。

 昨年12勝を挙げた勝ち頭・ニールが3回9安打6失点で6敗目(3勝)。前日のロッテ戦(メットライフ)で4三振の2年連続本塁打王・山川が欠場し、打点王の中村は右手首痛のため二軍調整中。昨年のリーグ首位打者でMVPの森に2安打が出たことは好材料だが、スタメンマスクをかぶっての連敗を止めることはできなかった。

 昨年の2連覇の主役たちが揃って故障や不振のど真ん中にいては今季のこの位置もやむなしか。3連覇がほぼ絶望的となっている中で残り44試合をどう戦うのか。ベンチの姿勢が問われている。