中日・大島タイムリー2発! 守ってはフェンス激突のファインキャッチ

2020年09月18日 20時08分

4回、大飛球をキャッチ後、勢い余ってフェンスに激突した中日・大島

 中日・大島洋平外野手(34)が18日の阪神戦(ナゴヤドーム)で打っては2本の適時打、守っては好プレーが飛び出すなど攻守で魅せた。

 バットでは1―1の2回一死一、二塁の好機で相手先発ガルシアの外角低めの球を右手1本ですくい上げ、右前への勝ち越し適時打。「スライダー。追い込まれていたけど、うまく反応できました」と自画自賛の一打となった。

 続く4回二死二塁で迎えた第3打席では左翼へ適時打を放ち、1点を追加した。浅い当たりだったが、二走・平田が激走で生還したとあって「平田がよく還ってくれました」と感謝した。

 守っては4回に左中間を襲った大山の大飛球を、猛ダッシュで背走しながらジャンピングキャッチ。そのまま勢い余ってフェンスに激突したが、最後までボールは離さなず、スタンドからは割れんばかりの大きな拍手が起きた。