打球直撃で抹消中の広島・会沢が早期復帰に意欲

2020年09月15日 17時58分

広島・会沢

 コンディション不良のため出場選手登録を抹消されている広島・会沢翼捕手(32)が15日、マツダスタジアムで練習を行った。室内練習場でキャッチボールやティー打撃を行い「チームを離れるのは悔しいが、一日でも早く戻れるようにしたい。ファンの皆さんにはご心配をお掛けいたしましたが、一日でも早く復帰できるように頑張ります」と球団広報を通じてコメントした。

 会沢は10日のヤクルト戦(マツダ)での守備時に広岡のファウルがマスク越しに顔面を直撃。その場に倒れ込み、試合後に広島市内の病院へ直行していた。

 チームは会沢の離脱から3連敗を喫して借金は今季最多の10となった。