ソフトバンクが史上7度目の珍事 初回先頭打者本塁打による「スミ1」で敗北 

2020年09月13日 18時30分

SB石川投手は初回先頭打者に本塁打を浴びる

 最後まであと1本が出なかった。ソフトバンクが13日の西武戦(ペイペイ)に0―1で零封負け。9回に相手守護神・増田から一死二、三塁と一打サヨナラのチャンスをつくったがホームが遠く、相手の倍の8安打を放ちながら得点することはできなかった。

 先発・石川柊太投手(28)は1回に先頭の外崎にいきなり被弾したが、その後は立ち直り、8月1日の西武戦で自身初完投を完封で飾って以来の完投を達成。しかし、初回の1点が重くのしかかった。1回表の先頭打者本塁打による「スミ1」の決着はプロ野球史上7度目の珍記録。不運な形で2敗目を喫した石川は「良い投球はできたとは思いますが、チームに勝ちをつけることができなかったということは、まだまだなのかな」と反省の弁を並べた。

 開幕から無傷の6連勝を飾ったが、これで3戦白星から遠ざかっている。先発投手にとっての白星の大きさを誰よりも知る工藤監督は「何とか勝たせてやりたかったですね」と思いを口にした。

 チームの連勝も5でストップ。それでも指揮官は「こういうギリギリの戦いが若い人にとってもチームにとっても生きる時がある。いいゲームをすることが何より大事。勝てればそれに越したことはないけど、負けたとしてもみんなの血となり肉となり次に生きる。この悔しさを次に生かしてほしい」と前を向いた。