DeNA2夜連続の1点差負け…3位転落&Gと10差 ラミ監督「これは起こり得ること」

2020年09月11日 22時02分

DeNA・ソト(右)が9回にソロを放つも1点及ばず

 前夜に続いて1点差に泣いた。DeNAが11日の中日戦(横浜)で2―3と敗れ、2連敗となった。貯金も1に減り、3位へ転落。首位・巨人とは10ゲーム差にまで広がった。

 先発・井納は6回3失点と踏ん張ったが、自慢の攻撃陣が噛み合わなかった。2点差を追う9回にソトが13号ソロを放って追い上げたものの、あと一歩及ばず。ここまで7試合連続2桁安打をマークしていた打線は7安打2得点で接戦を落とした。

 試合後のアレックス・ラミレス監督は「最後はエキサイティングな展開だったが、残念ながらあと1点足りなかった。ただやるべきベストは尽くしたので、仕方がないこと」と振り返った。粘投の井納についても「非常に良かったと思う。6回を投げて96球、3失点したが、打線の援護がなく不運なところもあった」と称えた。

 2試合連続の1点差負けとなったことにも「これは起こり得ること。勝つ時もあれば、負ける時もある」とし「明日は明日。またベストを尽くして勝ちたい」と前を向いていた。