打球顔面直撃の広島・会沢が登録抹消 中村奨が一軍昇格

2020年09月11日 18時44分

10日のヤクルト戦で打球が顔面に当たり担架で退場した会沢

 また試合中のアクシデントで鯉の主力捕手が離脱…。広島・会沢翼捕手(32)が11日、出場選手登録を抹消された。

 試合前までに球団トレーナーら広報は、抹消理由を公表していないが、前日10日のヤクルト戦(マツダ)の試合の守備でマスク越しにファウルボールの打球が直撃し、衝撃により真後ろに倒れ込み、担架で運ばれ負傷退場、広島市内の病院に直行。抹消は、このアクシデントが関係している模様だ。

 広島ではチーム最年長のベテラン・石原慶も8月28日のDeNA戦で走塁中に負傷交代しており、扇の要である捕手が相次いで試合中にアクシデントに見舞われ、抹消を余儀なくされている。