日米2000安打のオリ・ジョーンズ「自分にかかわってくれたすべての人たちのおかげ」

2020年09月10日 21時36分

節目の一打を放ったオリックス・ジョーンズ

 オリックスのアダム・ジョーンズ外野手(35)が日米通算2000安打をマークした。

 10日の西武戦(メットライフ)の5回、二死一塁から左中間に適時二塁打を放った。ジョーンズは「ここまで(MLBで)14年間、日本で1年間、高いレベルの中で大きなケガもなく、健康でやってこれたことに感謝したい。2000安打を達成することができてよかった。こうして成功できたのも、自分にかかわってくれたすべての人たちのおかげと思っている」と感謝の言葉を並べた。

 今季は投手の対応に苦しんでなかなか波に乗れていないが、メモリアル安打を機に奮起したいところだ。