DeNA・ソトが6試合連続打点 梶谷も虎相手に2戦連続マルチ安打

2020年09月10日 21時26分

6回に2点タイムリーを放ったDeNA・ソト

 上り調子の2人からも快音が響き渡った。DeNA・梶谷隆幸外野手(32)が10日の阪神戦(横浜)で2点を追う6回無死一、二塁、左翼への適時二塁打を放った。前夜の4安打から2試合連続となる複数安打を記録し、これで1点差。その後、一死二、三塁からネフタリ・ソト内野手(31)にも6試合連続打点となる逆転の2点中前適時打が飛び出した。

 梶谷は「ランナーを還すことができうれしいです。うまく反応して打つことができました。次の打席も頑張ります」とコメント。一方のソトも「前の打者がつないで作ってくれたチャンスだったので、勝ち越すことができうれしいです。チャンスの場面で凡退していたので、とにかくランナーを還すことを意識していました」と振り返っていた。