堀内恒夫氏が澤村にエール「何度でも言おう。160キロを目指す必要はない」

2020年09月08日 11時42分

堀内氏

 元巨人軍監督の堀内恒夫氏(72)が8日、ブログでロッテへの移籍が決まった澤村拓一投手(32)にエールを送った。

 今回のトレードを予感していたという堀内氏は「今のままじゃ巨人では頭打ち そう思ってみてたよ。ベンチの信用がないのは外にいる俺にも伝わってくる」と断言し、「なぜなら、ピッチングに成長が感じられないからだ。でも、彼本来が持つボールの素晴らしさを知っているだけに澤村には変わってもらいたい。気づいてもらいたい。だからこそこのブログを通して厳しい言葉をかけ続けてきた」という。

 堀内氏の〝激言〟は続く。

「澤村よ、何度でも言おう。考え方を変えるんだ。スピードボールが魅力 そう言われても160キロを目指す必要はない。自分はそれが持ち味だと思って目指してきたかもしれんが君の肩の可動域からは今以上は無理だ。今のままでいいからスピードにかけてきた情熱をコントロールをつけることに傾けてほしい」

 さらに「フォークの使い方をよく知り自分のフォークをよく知り投げ間違えないこと。スライダーといういいボールを持っていることも忘れないでほしい」とアドバイスを送った。