守乱連発…3位転落の阪神 大暴投の近本「あのプレーでチームが負けてしまった」

2020年09月07日 22時58分

本塁送球後「しまった!」という表情の阪神・近本(手前)

 阪神は7日の巨人戦に2―3で惜敗。対巨人4連戦を1勝2敗(1試合は悪天候により中止)で終え3位に転落し、首位とのゲーム差は8・5にまで開いた。

 僅差のゲームを落とした最大の要因は、またも守備難だった。3回、一死満塁のピンチで先発の高橋遙は松原を中飛に打ち取る。浅い飛球だったため、三走の大城はタッチアップを控えたが、フライをキャッチした中堅・近本は捕手・梅野の頭上を越えるまさかの大暴投。ボールがグラウンド上を転々とする間に、大城は難なく生還。先制点を献上してしまった。

 続く4回も先頭打者・岡本を木浪の後逸で出塁させ、一死二、三塁のピンチを招くと、続く大城がまたも近本の守る中堅へ浅い飛球を上げる。三走・岡本の走力も考慮すれば、本塁で刺せるタイミングだったが、前のイニングでのミスが心理的に響いたのか、近本は力ないボールしか本塁へ投げ返せず、岡本はタッチアップに成功。ゲーム序盤での手痛いミスが戦局を決めてしまった

 阪神はこれで両リーグトップの51失策 今カード3試合で合計5失策の阪神に対し、巨人の失策数は0。双方の〝微差〟がそのまま試合結果に反映された格好だ。近本は試合後、球団広報を通じ「大事な試合で自分のミスで失点してしまい、本当にやってはいけないミスをしてしまいました。あのプレーでチームが負けてしまったということをしっかり受け止めて、同じことを繰り返さないように、しっかりやっていきます」とコメントした。