ソフトバンク・デスパイネが一軍再昇格 起爆剤となるか

2020年09月07日 19時58分

二軍で調子を一気に上げたソフトバンク・デスパイネ(左)

〝覚醒デスパ〟が起爆剤だ! ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)が、8日の3位・楽天戦(楽天生命)から一軍に再昇格することになった。

 森ヘッドコーチは「打線のつながりもそうですし、ファームの試合で好調みたいなので期待をしている。彼が入って起爆剤になってもらいたい。選手起用の兼ね合いもありますが、DHだけではなく、守備にもついてもらおうと思ってます」とキューバの大砲への思いを口にした。代わりに明石が右手首の痛みにより登録を抹消された。

 今度こそ大暴れとなるか。デスパイネはキューバからの再来日後、8月21日のロッテ戦(ZOZOマリン)で一軍昇格。12打数3安打、本塁打、打点はともに0と目立った成績を挙げることが出来ず、左ヒザ違和感により3試合の出場で登録を抹消された。しかし、再調整を経て一変。9月1日の実戦復帰後は二軍戦で14打数10安打、打率7割1分4厘と大爆発している。

 チームは前カードで2位・ロッテに3タテを食らい0・5ゲーム差にまで迫られている。救世主となるか――。