ヤクルト青木が5回守備から途中交代

2020年09月06日 20時04分

2回、投ゴロに倒れた青木

 ヤクルトの青木宣親外野手(38)が6日の中日戦(神宮)に「5番・左翼」で先発出場も5回の守備から途中交代した。

 青木は4回無死二塁での守備でビシエドの左翼へのライナーを飛び込んで捕球し一死とした。その際にテーピングを巻いていた左手を体の下に巻き込み、立ち上がった時に顔をゆがめた。この日、青木は2回無死での第1打席は投ゴロ、4回二死での第2打席は遊ゴロだった。