燕マクガフの球史に残る〝珍けん制〟高津監督は「俺にもよく分からん」と絶句

2020年09月03日 23時10分

球史に残る珍プレーで逆転されマクガフはがっくり

 痛恨の〝珍けん制〟でヤクルトは勝てたかもしれないゲームを落とした。

 1点リードの7回、一死一、三塁のピンチで、火消し役を期待されマウンドに送られたマクガフは、まずは一人目の打者、中谷を空振り三振に切って取る。二死一、三塁とし次打者は近本。ここでカウント2―0から一走の陽川が盗塁を仕掛け、二塁を陥れることに成功。この時、捕手の西田は三走の動きを警戒したのか二塁への送球を控えた。

 ただ、マウンド上のマクガフは陽川の盗塁に気付いていなかったのか、その後にカウント2―1としてから、右腕はなんと無人の一塁ベースへ〝けん制球〟を投じてしまったのだ。ボールが無人の一塁ファウルゾーンを転々とする間、走者2人は一気に生還。ゲームをひっくり返されてしまった。

 セ・最下位に沈むヤクルトはこれで5カード連続の負け越し。高津監督は試合後、マクガフの大ボーンヘッドについて問われると「俺にもちょっとよく分からん。マクガフ本人に聞いてほしい。ただ、こちらとしても反省しなければならない部分はたくさんある」と意気消沈。力なくバスに乗り込み帰途に就いた。