日本ハム「新・3番打者」西川が先制の適時二塁打!

2020年09月03日 18時52分

日本ハム・西川

 日本ハムの西川遥輝外野手(28)が3日、楽天戦(札幌ドーム)に「3番・中堅」で先発出場。初回一死三塁で、先制の適時二塁打を放った。

 初回からチャンスで打席を迎えた西川は、相手先発・松井が投じた3球目、149キロの直球を打ち返すと、打球は左前へ。左翼手が打球とやや離れていることを確認すると、そのまま迷うことなく一塁ベースを蹴って二塁にまで到達した。快足を活かした二塁打で、三塁走者・大田は楽々と生還した。

 これまで1番打者として定着していたが、8月22日の楽天戦から3番の打順に入るようになった西川。22日以降の打率はこの日の試合前時点で3割4分と上々の成績を残しており「新・3番打者」としてチームをけん引している。