阪神・ガルシア〝球児魂〟で登板も6回2失点降板

2020年09月02日 20時05分

藤川球児の登場曲で登板したガルシア

 阪神のオネルキ・ガルシア投手が2日のヤクルト戦(甲子園)に先発し6回5安打2失点(自責1)の内容だった。

 今季限りでの現役引退を表明した藤川球児投手の登場曲であるLINDBERGの「every little thing every precious thing」でマウンドに上がったガルシア。2回に無死三塁から二塁ゴロの間に1失点。さらに3回は味方の失策で出塁を許し、山田の中前打で追加点を奪われた。〝球児魂〟の継承し、気迫あふれる好投を見せたが打線の援護なく降板した。