広島が試合開始2分で2点先制 ピレラ&菊池涼が連続弾

2020年09月02日 18時32分

1回、8号ソロHRを放ったピレラ

 連敗ストップへ最高の形でスタートを切った。3連敗中の5位・広島は2日の中日戦(ナゴヤドーム)で初回に先頭のピレラがカウント1―1で中日先発・小笠原の140キロ直球を右翼スタンドへ8号ソロで先制した。さらに続く2番の菊池涼もカウント1ボールで小笠原の143キロ直球を左翼スタンドへと運び7号ソロとし2者連続本塁打を放った。

 ピレラは「塁に出ようという気持ちでいきました。しっかりと強いスイングができました」、菊池涼は「JP(ピレラ)がいい流れをつくってくれたので、入ったのはたまたまですけど結果的に良かったです」と話した。開始わずか2分、5球で2点を先制した。