阪神・小幡竜平が23年ぶりの快挙達成! プロ初安打のバット&ボールが甲子園歴史館に展示

2020年08月28日 14時54分

阪神・小幡がプロ初安打をマークした際に使用していたバットとボール(甲子園歴史館提供)

 阪神・小幡竜平内野手が27日の中日戦(甲子園)でプロ初安打をマークした際に使用していたバットとボールを、28日より甲子園歴史館で展示することになった。

 阪神で10代の野手がプロ初安打をマークするのは、1997年の浜中治以来、23年ぶりの快挙。甲子園歴史館の担当者も「大変貴重なプロ初ヒット達成ボールと実使用バットを展示させていただき、甲子園歴史館としても大変嬉しく思います。今後も益々ご活躍いただき、展示品が増えていくことを期待しております」と喜びのコメントを球団を通じ発表した。展示期間は9月27日まで。