中日・柳まさかの5失点KO…リーグ最速30敗に与田監督「取り返せると思っています」

2020年08月27日 23時14分

6回途中で降板となった中日・柳(右)

 中日のエース右腕・柳裕也投手(26)がもがき苦しんでいる。27日の阪神戦(甲子園)に先発したが、6回途中を5安打5失点KOされ、今季4敗目を喫した。

 立ち上がりは抜群で、5者連続三振を奪うなど3回まではパーフェクト投球。ところが、2点リードの4回一死二、三塁で虎の4番・サンズから右翼スタンドへ逆転3ランを浴びてしまった。

 5回は二死二塁から近本に適時打を浴びて1点を追加されると、そのままズルズルと6回一死にまたもサンズから左翼中段へ2打席連発となるダメ押しのソロを被弾。ここで与田監督はたまらず交代を告げた。

 柳は「先制してもらったのに、一番してはいけない点の取られ方をしてしまいました…」とがっくりと肩を落とすしかなかった。

 打線も7安打で3得点と投打の歯車は噛み合わず。与田監督は柳について「この3連戦、タイガース打線がなかなか打ち損じないバッティングをされてしまったので。ただ、昨日もそうですけど、打たれるボールはやっぱり甘く入ってますよね。コントロールもあると思うし、相手の力もあると思うので。それは両方考えて、理由は出てくると思う」と説明した。

 今日で半分の60試合を消化したが、リーグ最速の30敗目。指揮官は「(選手の)体の状態は決して悪くないんでね。取り返せるんじゃないかなという風に思っています」と前を向いた。