〝強肩発動〟巨人・松原「イメージ通り」ライトゴロ演出! 失点防ぐビッグプレーでベンチお祭り

2020年08月27日 20時10分

4回、巨人の右翼手・松原(右)はゴロを捕球後、一塁へ送球!

 原巨人で売り出し中の松原聖弥外野手(25)が自慢の強肩でライトゴロを演出した。

 27日のヤクルト戦(神宮)で巨人2点リードの4回の守備。二死三塁で燕先発・高梨が巨人・戸郷から鋭い右前打を放った。ベンチも1点を覚悟したが、前進守備の右翼・松原が一塁・中島へ全力で返球。高梨も慌ててスピードを上げたがボールの方が早かった。ライトゴロが成立し得点はならなかった。

 なかなか見られない好プレーにGベンチはお祭り騒ぎ。松原は「想定していました。強い打球が来たので落ち着いてイメージ通りのプレーができました」と振り返った。前夜は3安打2四球で5出塁し2戦連続で猛打賞をマークした松原がこの日は守備で魅せた。