ソフトバンク工藤監督「予想外」の高谷弾と「予感あった」熱男弾 

2020年08月26日 23時13分

7回、同点弾を放った松田宣は高谷と一緒に「熱男~!」

 ソフトバンクが26日のオリックス戦(ペイペイ)に4―3でサヨナラ勝ち。4連勝で貯金を今季最多の10とした。

 同点の9回に中村晃がサヨナラ打で試合を決めたが、2点を追いかける4回に高谷裕亮捕手(38)が1号同点2ラン。1点を追いかける7回には松田宣浩内野手(37)が6号同点ソロを放ち追いついていた。

 工藤監督もベテランの活躍を大絶賛。高谷の一発については「みなさんはどう想像していたか分からないですが、僕は2ランは予想してなかった。そんなに数多く試合に出ていない中で、ああやってしっかり打てるのは集中力がなせる結果なのかなと思います」と笑顔。

 逆に松田宣については「僕はあの打席は予感があったんですよ。打つんじゃないかな、と。その予感を感じさせるくらい状態は上がってきていると思う。今日の本塁打は貴重でしたよ」。

 復調ムードを感じさせる猛打賞をマークした熱男に期待を込めていた。