NPB臨時代表者会議 コロナ差別問題「Jリーグとも詰めていく」 

2020年08月24日 16時58分

井原NPB事務局長

 NPB(日本野球機構)は24日、プロ野球12球団と臨時代表者会議をオンラインで行った。同日午前中にJリーグと合同で行った「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第14回会合の内容について振り返り、確認し合った。

 JリーグのJ1鳥栖のクラスター(感染者集団)発生に伴い、厚労省の新型コロナウイルス対策クラスター班が実地及び医学調査を行った中間報告の内容についても情報を共有。会議終了後、オンラインで会見に出席したNPB・井原敦事務局長は「初発のところでは、いわゆる接触感染の仮説が立てられている。3密(を防ぐこと)やマスク(着用)ということで(新型コロナ感染については)飛沫感染の感染防止というイメージが私共は強かった。もちろんガイドラインにも記載はされているが、接触感染によって結果としてクラスターになることもあるということ。ガイドラインに記載してある感染防止策をこれまで同様、またしっかりとやっていただくということに尽きる」と念を押した。

 同日午前中の会合ではJリーグと専門家チームを交え、感染者に対する偏見や差別が散見されている現状についても議論されていた。これに関しても同事務局長は「この先、Jリーグさんと打ち合わせして具体的にどういうことができるか、詰めていきたいと考えている」と今後の方向性を示した。