巨人・坂本 11試合ぶり〝指定席〟で10打席ぶり快音

2020年08月23日 19時53分

先制の適時二塁打を放った坂本

 巨人・坂本勇人内野手(31)が〝指定席〟で久々の快音を響かせた。23日の広島戦(マツダ)に「2番・遊撃」で出場。実に11試合ぶりの2番は、同時に2~4番を〝サカマルオカ〟の順で名を連ねた試合でもあった。

 両軍無得点で迎えた3回、一死一塁で広島先発・遠藤の2球目、真ん中低めに入った直球をフルスイングすると、グングン打球は伸び西川の頭上を越えた。10打席ぶりとなるヒットは、先制の中越え適時二塁打となった。

 不振脱出のために日々試行錯誤を重ねる背番号6。原監督も「バッティングは難しいもの。何とか超えてくれないとね」と見守っている。久々の力強い当たりだけに、キッカケになるといいが…。