ヤクルト5試合連続で先制点許す 高津監督「展開が重い」

2020年08月22日 21時36分

本拠地で苦しいゲームを強いられたヤクルト・高津監督

 重すぎる展開にぐったりだ。ヤクルトは22日の阪神戦(神宮)に5―7で敗れた。

 先発のクックが4回6失点KO。この試合を含めた直近5試合すべてで先制を許して結果は1勝4敗。高津監督はクックについて「二死走者なしからの6点か。痛いね」と語った。また、毎試合のように先制点を許す先発陣にも「毎回言うようだけども、展開が重くて常に追いかけるような状況になってしまってる。重いね」と厳しい表情だった。