広島がスカウト会議 明石商・中森らリストアップ 白武スカウト部長「ハートの強い選手がほしい」

2020年08月22日 17時54分

マツダスタジアム

 広島のスカウトが22日、マツダスタジアムで行われ、今秋ドラフトの高校生候補を49人に絞り込んだ。上位候補には明石商・中森俊介投手、智弁和歌山・小林樹斗投手、福岡大大濠・山下舜平大投手、中京大中京・高橋宏斗投手らをリストアップ。白武スカウト部長は「投手ならばハートの強い選手がほしい」と説明した。

 今年のドラフト1位・森下が21日の巨人戦(マツダ)で8回1失点の力投で5勝目を挙げ、新人王争いを演じる活躍ぶり。コロナ禍でスカウト活動が制限される中、8、9月に行われるトライアウト「プロ志望高校生合同練習会」にもスカウトを派遣し、独自の視点で森下に負けない金の卵を発掘するつもりだ。