ロッテのレジェンドOB・村田兆治氏 始球式で〝令和版マサカリ投法〟を披露

2020年08月22日 17時43分

レジェンドが帰ってきた!-

〝マサカリ投法〟は令和も健在だ。ロッテOBのレジェンド右腕・村田兆治氏(70)が22日のソフトバンク戦(ZOZOマリンスタジアム)で、球団設立70周年記念企画「70周年チャンピオンシリーズ」イベントの一環として、始球式のマウンドに立った。

 一世を風靡した現役時代の背番号「29」がプリントされたユニホームを着用したレジェンドは、万雷の拍手を浴びながら登場。両手を大きく振りかぶり、左足を高々と上げながら独特の〝マサカリ投法〟で投げ込むと、剛球はやや左にそれたものの、田村龍弘の構えたミットに見事ノーバウンドで収まった。

 満面の笑みを浮かべたレジェンドに対し、本拠地に集まったファンは再び大きな拍手を向けていた。