広島が新打線でお目覚め! 初回一挙5点のビッグイニング

2020年08月21日 18時59分

1号3ランを放つ坂倉

 広島の新打線がいきなり機能した。借金7の最下位と波に乗れない佐々岡監督は21日の巨人戦(マツダ)で打線のテコ入れを敢行。好調の長野を今季初めて1番に据え3番・西川、5番・堂林を起用。さらに遊撃には田中広に代わって上本を抜てきした。

 すると初回、長野の出塁から打線がつながり西川の適時打で先制すると二死二、三塁からは「良い風に乗ってくれました。(先発の)森下さんの援護点になってよかった」と先発マスクの坂倉の1号3ランが飛び出し、一挙5得点のビッグイニングとなった。

 前カードでは3戦で6得点しかできず勝負所での一本に泣いた打線だが、この日は序盤からエンジン全開だ。