今季初白星目指し…阪神・藤浪がヤクルト戦に先発 

2020年08月21日 18時55分

ヤクルト・村上(左)から三振を奪った阪神・藤浪

 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が今季初勝利を狙うべく、21日のヤクルト戦(神宮)で先発した。

 貧打で苦しむチームは、初回の無得点で連続無得点イニングが37に。そんな中、マウンドに上がった藤浪だが、先頭・坂口にフォークが抜け、ワンバウンドの死球で出塁を許す。後続を左飛、見逃し三振で二死までこぎ着けるも、迎える打者は4番・村上。その4球目に今度は直球が高めに抜けた。これが暴投となり、いきなり得点圏に走者を置いてしまう。それでも高め直球で村上から空振り三振を奪い、初回は無失点でしのいだ。