広島のK・ジョンソン 開幕から8戦勝ちなし5敗…今季最多タイ「借金7」

2020年08月20日 22時08分

5敗目を喫したK・ジョンソン

 開幕から7戦勝ちなしと苦しんでいる広島のK・ジョンソン投手が20日のDeNA戦(マツダ)でも振るわなかった。復調させるためにベンチはベテランの石原慶幸捕手を今季初めてスタメンに起用したが、6回途中4失点で今季早くも5敗目を喫した。

 初回、石原慶が二盗を敢行した梶谷をストライク送球でアウトにするなど好スタートを切ったものの、0―0で迎えた4回が落とし穴だった。3安打を許して一死満塁とすると嶺井にはフェンス直撃の適時二塁打を浴びて2点を献上。さらに一死二、三塁から柴田の左犠飛で3点目を失った。「とにかく粘り強く投げていってもらいたい」(横山投手コーチ)という首脳陣の思いもむなしく6回も短長打で無死二、三塁のピンチを招くと自らの暴投で失点。柴田に四球を与えたところで降板となった。

 打線は5回、復調気配の堂林が「いい反応で捉えることができました」と8年ぶりの2桁到達となる、2試合連続の10号ソロを放ったが、勢いに乗ったDeNA打線を止めきれず7、8回とリリーフ陣が失点を重ね試合を決められた。

 本拠地では6勝13敗3分けと分が悪く今季最多タイの借金7。広島の寝苦しい夜が続いている。