ヤクルト・中村 復帰戦で今季初安打&初タイムリー「結果を残したかった」 

2020年08月20日 21時28分

2回、左前打を放った中村

 燕の救世主となれるか。ヤクルトの中村悠平捕手(30)が20日に一軍昇格し、中日戦(神宮)に「8番・捕手」で先発出場した。

 2回一死一塁の第1打席で今季初安打となる左前打。0―2の4回一死での第2打席では遊撃へのゴロだったが相手の失策で出塁した。二死後に坂口が同点に追いつく3号2ランを放ち、中村はホームを踏んだ。5回には青木の8号ソロで逆転し、一死後に西浦の6号ソロ。一死一、二塁で回ってきた第3打席は左翼線へ今季初タイムリーとなる適時二塁打を放った。

 中村は「久しぶりの出場で今までチームに迷惑をかけていたので何とか結果を残したかったです。打てて良かったです」と話した。