DeNAロペスが先制2点打で10戦ぶり打点マーク

2020年08月19日 19時36分

広島戦の初回、先制2点適時打を放つDeNA・ロペス

 DeNAのロペスが先制打を放った。19日の広島戦(マツダスタジアム)で初回二死満塁の第1打席、フルカウントから中前へ2点適時打。8月7日のヤクルト戦(神宮)以来となる打点をマークした。

 前日久しぶりの安打が飛び出し、打棒は復調気配。「打ったのはカットボールです。フルカウントでしたが、(相手先発の)野村投手はコントロールがいいので、ストライクゾーンにきたボールをしっかりとらえることができました。貴重な先制点を奪うことはできましたが、追加点を取れるよう次の打席も頑張ります」と明るい表情で振り返っていた。