〝無双モード〟菅野がG投にゲキ「中5日くらいでヒーヒー言ってたら先発ピッチャー務まらない」

2020年08月18日 21時51分

ヒーローインタビューの後に笑顔を見せた菅野

 最後は投手陣へのゲキで締めくくった。巨人・菅野智之投手(30)が、18日の阪神戦(東京ドーム)で自身今季3度目となる完封で1―0で辛勝。連敗を2で止めた。これで菅野は開幕からの8連勝で、1990年の斎藤雅樹以来30年ぶりの快挙を達成した。試合後、原監督は「斎藤という投手も素晴らしかったし…まあ、菅野智之という投手もね、ジャイアンツの中でも名を残す投手になると思いますね」とたたえた。

 生命線でもあるスライダーを狙い打たれた反省から、前回登板からフォークなど、球種の割合を増やした。この日もカットボール、カーブをちりばめ〝宝刀〟をより効果的に使うことができた。それによって成し得た1―0の完封劇。菅野は「できればたくさん点を取ってくれて完封した方が楽は楽ですけど…」としながらも「達成感は段違いですね」と語ったが、ただ喜びに浸るだけで終わらなかった。

 このカードから先発投手は中5日での調整となり、菅野はその1発目だった。その調整の難しさを問われたエースだったが、淡々とこう言い放った。「中5日くらいでヒーヒー言ってたら先発ピッチャー務まらないと思うので、大丈夫です」

 まぎれもなく自身に続く先発投手への〝ゲキ〟。これに物申せる投手は誰もいまい。背中だけでなく言葉でも投手陣を引っ張る背番号18。どこまで連勝を伸ばすのか。