片岡も入団決定的!原巨人「大補強」の裏事情

2013年11月28日 16時00分

納会で日本一奪回を誓った原監督(手前)

 ただの戦力補強ではなさそうだ。巨人は27日、東京都内のホテルで西武からFA宣言した片岡治大内野手(30)と初交渉を行った。巨人からは2年総額3億円レベルの条件と原監督も現役時代につけていた背番号「8」が提示され、片岡も「実績を高く評価してもらった」と大満足。巨人入団は決定的となった。今オフは広島からFA宣言した大竹寛投手(30)、中日を自由契約になった井端弘和内野手(38)と実績のある選手を続々と獲得しているが、この補強劇の裏には原辰徳監督(55)の“イラ立ち”があるという。

 

 約1時間に及ぶ交渉中には、原監督の電話を受ける場面もあった。2009年のWBCでは指揮官と選手としてともに戦った。「『体のケアをしっかりして実力を出せば日本を代表する選手』と言ってもらえてうれしかった」。2年総額3億円という金銭的な評価もさることながら、用意された背番号は指揮官にもゆかりのある8。オリックス、楽天に続く3球団目の交渉だが、片岡は「実績を高く評価してもらった」と素直に喜んだ。

 

 ただ、今回の補強には球団内でも賛否両論があった。二塁を守れる井端を先に獲得したこともあり「そこまで必要があるのか」との声があっただけでなく、寺内や中井といった正二塁手候補たちの「成長の芽を潰すことになりかねない」という危惧もあったからだ。原沢GMは「監督と私とは片岡君と井端君の役割については、少し別の役割だろうと話し合っての補強です」とコメント。井端がコーチ兼任的な役割を期待されているのに対して、片岡には正二塁手としての活躍が求められているというわけだが、今回の片岡獲得を強く推した指揮官には別の狙いもあったようだ。

 

「今年はリーグ連覇を果たしたが、二軍にいる若手がなかなか出てこないという現実があった。そればかりか、二軍落ちした選手はけっこうな確率で逆に状態を悪くしていたので頭を悩ませていました」(チーム関係者)

 

 投手では開幕投手を務めた宮国や笠原、野手では大田を筆頭に“未完の大器”がなかなか育たないことにイラ立ちを示していたというのだ。順調に若手が育っていれば、FAに頼る必要もなかった。それができないからFAで実績のある選手を獲得するしかなかったという現実をコーチ陣も厳粛に受け止めるべき――そんな思惑も込められていたようだ。