日本ハム・栗山監督 途中出場の清宮に「求めてるものは全然違うところにある」

2020年08月14日 22時34分

ロッテ戦に途中出場した日本ハム・清宮

 

指揮官から檄が飛んだ。14日のロッテ戦(ZOZOマリン)に途中出場し、3打数1安打とした日本ハム・清宮幸太郎内野手(21)だったが、栗山監督からは厳しい言葉が送られた。

 6回無死一塁の場面で迎えたこの日初打席で、相手先発・石川から中前打を放った清宮。打席の中では、あともうひと伸びで場外へと消える特大ファウルも放ち、長打への感覚が戻りつつあることを予感させた。

 それでも指揮官は「俺がどうのこうのってところではないので。こっちが求めてるものは全然違うところにある。感じが良くなってきたとかそういうことじゃないんで」と辛口なコメント。未来の大砲候補に寄せられる期待は大きいだけに、清宮はこの日以上の結果を残していきたいところだ。