藤浪が6回6失点でKO 要警戒していた広島・鈴木に先制打を献上

2020年08月14日 20時13分

6回、森下に2点タイムリーを打たれた藤浪はガックシ

 阪神の藤浪晋太郎投手が14日の広島戦(京セラドーム)に今季4度目の先発で、6回8安打6失点で4敗目を喫した。

 685日ぶりの白星へ向けマウンドに上がったが初回、連打などで一死一、三塁のピンチに。戦前「堂林選手や鈴木選手の前にランナーをためないように」と警戒していた鈴木に左前適時打を浴びあっさり先制された。なおも一、二塁から松山にも左中間を破られこの回3点を奪われた。

 6回には相手先発・森下に2点適時二塁打を浴び直後の打席で代打を送られ交代。前日に「要所で粘れるようにしたい」と語っていたが、悔しいマウンドとなった。