会心の「くるりんぱ」! 巨人・ウィーラー〝確信歩き〟の5号2ラン

2020年08月14日 19時40分

「くるりんぱ」を失敗した?巨人・ウィーラー

 シャーク・ダンスに対抗!? 巨人のゼラス・ウィーラー内野手が、14日の中日戦(東京ドーム)で特大の一発を放った。

 1点リードの3回二死、四球で出塁した2番・パーラを一塁に置いた場面だった。フルカウントからの6球目、外角高めに入ったチェンジアップをバットの芯でしっかり捉えると、打球は高々とレフトへ舞い上がった。ウィーラーは振り切ったバットを左手に持ったまま〝確信歩き〟で一塁に向かうと、打球は左翼スタンド上段に吸い込まれた。

 会心の5号2ラン。本塁を踏むと、パーラの肩に手を置きながらナインと歓喜のエアハイタッチをしたウィーラーだったが、最後の最後に満を持して? 炸裂させたのがなんとヘルメットを使った〝くるりんぱ〟。「クルリンパ!」と言いながらやったところを察するに、おそらくずっと温めてきた、とっておき? のパフォーマンスだったに違いない。

「チャンスを広げるためにも4番(岡本)につなごうと思った。最高の結果になってくれてうれしいよ、ハックション!!」と球団を通じてコメントを寄せたウィーラー。ちなみに「くるりんぱ」は、最後ヘルメットがしっかり頭にはまらず、完成度は微妙だったそうです…。