ヤクルト・青木打!西浦打!Gから初回3点!! 一軍復帰・山田は四球でチャンスメーク

2020年08月13日 18時38分

先制打を放ったヤクルト・青木(左)と生還した山田

 

幸先のいいスタートを切った。ヤクルトは13日の巨人戦(東京ドーム)で初回に3点を上げた。まず先頭・坂口が二塁打で出塁。この日、一軍復帰した山田哲が巨人先発・メルセデスからストレートの四球を選んで無死一、二塁とし、青木が左越え適時打で1点を先制した。

 一死後、二、三塁で西浦が右翼線適時二塁打で三走・山田哲、二走の青木がかえり2点を加点。青木は「連敗中なのでとにかく先に点を取ってチームをいい流れにしたかった」と話し、西浦は「スタメンのチャンスをいただいたので結果を出したかったです。いい集中力で打席に立つことができました」と語った。