日本ハム・上沢3連勝ならず 5回二死から逆転被弾

2020年08月11日 22時20分

 1球のミスが致命傷となった。日本ハムがロッテ戦(ZOZOマリン)に1―3で敗戦。自身3連勝をかけて先発した上沢直之投手(26)は、勝利投手の権利を目前にした5回二死から逆転弾を被弾し、6回3失点で敗戦投手となった。

 ZOZOマリン名物の風に苦しんだ登板となった。上沢は「風の影響もあり、思うようにコントロールできない場面もありました」と初回から強風の影響で制球力が定まらず、先頭打者の角中に中前打を放たれると、その後は暴投と2つの四球で一死満塁のピンチを招く。井上を空振り三振、菅野を遊直でなんとかここを切り抜けると徐々に持ち直していった。

 ところが、1点リードの5回二死二、三塁の場面でマーティンに失投気味の変化球を完ぺきに捉えられ、痛恨の逆転3ランに。マウンド上の上沢はただぼうぜんとするしかなかった。

 降板後、上沢は「大事なところで踏ん張ることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。5回のピンチの場面では、本塁打を打たれるという、やってはいけないことをしてしまい、次回登板に向けて反省しなければいけないと思います」と猛省。一球の重みを再確認させられた一戦だった。