日本ハム・中田が先制犠飛 美馬の〝風魔球〟に「よく当たってくれた」

2020年08月11日 20時15分

 日本ハムの中田翔内野手が11日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「4番・DH」で先発出場し、3回一死満塁の場面で先制の左犠飛を放った。

 ZOZOマリン名物の強風が吹き抜ける中、チャンスで打席に入った。相手先発・美馬の投じた4球目、外角低めに投じた落差のある変化球をうまく捉えると、打球は左翼方向へ。左翼手・菅野が捕球すると三塁走者の西川は悠々と生還し、見事先制の犠飛となった。

 中田は「(美馬は)風の影響で、今まで対戦したことがある投手ではないような、キレのある変化球を投げてきている。(犠飛は)ボール球だったけど、よく当たってくれたと思う」とコメント。風を味方につけた美馬の手ごわい変化球も、主砲の打撃センスが一枚上回ったようだ。