さすが得点圏打率リーグトップ 阪神サンズが先制犠飛と勝ち越しの二塁打

2020年08月11日 20時20分

先制犠飛を打ったサンズ

 阪神のジェリー・サンズ外野手(32)が11日のDeNA戦(横浜)の6回に左中間を破る適時二塁打を放った。

 1―1の同点で迎えた6回一死三塁の場面。打席に入ったサンズは相手先発井納の投じた3球目を一閃。ライナー性の打球は深々と左中間を破る二塁打となり、三走の木浪が悠々生還して勝ち越しに成功した。サンズは「打ったのはスライダー。初回同様、ランナーが三塁にいたから、最低でも外野まで飛ばすことのできるボールを待っていたよ。スライダーが抜け気味で甘く入ってきたところで仕留めることができて良かったね」とコメントした。

 初回にも一死三塁から先制の右犠飛を放った昨季韓国球界の打点王の得点圏打率はセ・ダントツの5割2分2厘(11日試合開始前時点)。驚異的な勝負強さで虎打線を支えている。

 阪神はこの回、続く梅野の適時二塁打などで追加点を挙げることに成功した。