広島・長野が確変モード! いきなり2安打1打点で8月早くも6度目マルチ

2020年08月10日 19時38分

3回、左翼線へ適時二塁打を放つ長野

 夏男のバットがまたもや貴重な追加点を生み出した。広島・長野久義外野手(35)が10日の中日戦(マツダ)に「3番・左翼」で先発出場。初回の第1打席で中日・小笠原から左翼線への二塁打を放って出塁すると、松山の適時打で生還した。

 さらに、勢いは止まらない。3回一死三塁の場面で迎えた第2打席も巧みなバットコントロールで再び左翼線へ適時二塁打を放ち、2点目をたたき出した。

 長野は「打ったのはストレート。追加点につながってよかったです」。前夜9日の阪神戦(マツダ)は無安打に終わり連続試合安打は7でストップしたものの、8月は9試合で6度目のマルチ安打をマーク。鯉のサマーソルジャーが広島の夏を謳歌している。