オリはロッテのカモか…17安打で3得点、4併殺の大拙攻

2020年08月07日 22時22分

ベンチで渋い表情の西村監督(中央)

 オリックスが拙攻続きで〝カモ〟にされかけている。7日のロッテ戦(京セラドーム)は先発全員安打の17安打しながらも4個もの併殺打が響き、3―6と完敗。9回にも無死満塁から伏見が併殺打に倒れ、反撃のチャンスを逃した。

 先発の榊原は3回4失点で早々に降板し、8回には斎藤がマーティンに2ランを被弾した。今季のロッテ戦は1勝8敗1分けと一方的になりつつあり、西村監督は「17安打してもつないでいけなかった。榊原も今後どうするか、考えていかないといけない」と厳しい表情だった。