ソフトバンク逆転負けに工藤監督嘆き節「出すなと言っても四球は出るが…」

2020年08月07日 22時18分

一礼してベンチから引き上げる工藤監督

 どうにも波に乗り切れない。ソフトバンクが7日の楽天戦(楽天生命パーク)に4―7で痛恨の逆転負け。再び楽天に同率首位で並ばれた。

 3―2の7回に先発の東浜が2四球に自身の暴投が絡んで一死一、三塁のピンチを招き、小深田に右中間を破る2点三塁打を許して逆転された。さらに2番手の嘉弥真が鈴木大に死球。3番手の高橋礼はロメロに2打席連発となる3ランを左翼席に運ばれ、一挙5点のビッグイニングとなってしまった。

 試合後の工藤監督は敗因について「結局は四球2つと死球が得点に絡んだ」と言及。「四球はいつも言ってますが、生まれるものは何もない。勝負をして、その結果がどうだったのかというところが大事なんじゃないかと思う。出すなと言っても四球は出るが、ベンチから見ていてもったいないところがありました」と渋い表情だった。