DeNAの〝週1捕手〟高城が〝3戦連発〟&好リードで存在感

2020年08月05日 23時57分

7回、3号ソロを放った高城

 DeNAの高城が5日の中日戦(横浜)で今季3号ソロを放った。5点リードの7回、第4打席で追い込まれながらも谷元の投じた外角直球をとらえ、逆方向の右翼席へ叩き込んだ。チームも8―2で大勝し、攻守で勝利に大きく貢献した。

 今季は浜口の〝専属捕手〟として先発出場するケースが多く、この日もスタメンマスクをかぶって中6日登板の左腕とバッテリーを組んだ。3試合連続で〝週1先発〟となる難しい立ち位置にありながら存在感を見せつけている。22日のヤクルト戦(横浜)でプロ通算2本目となる今季初本塁打、さらに29日の巨人戦(東京ドーム)でも2号2ランをマーク。この日、3号を放ったことで自身が先発出場した試合では3戦連発となった。

 その3号アーチについて「1、2打席目とチャンスの場面で三振していたので、しっかりゾーンを上げてとらえることができました」とコメント。守備でも浜口、山崎、エスコバーら5投手をうまくリードし、中日打線を3安打2失点に抑えた。

 2018年のシーズン途中からオリックスに移籍したが、今季から古巣へ異例の出戻り復帰。荒波にもまれた27歳に対するベンチの期待は大きい。