イースタンで実の兄弟対決 軍配はどちらに?

2020年08月05日 22時17分

 ロッテ・東妻勇輔投手(24)と、DeNA・東妻純平捕手(19)の兄弟対決が5日の二軍戦(平塚)で実現した。

 ロッテが6―1としてリードして迎えた9回裏、一死から打席には弟・純平が立ち、マウンド上の兄・勇輔と対戦。153キロの直球で押す兄に対し、弟は2―2からの7球目、外角へのスライダーに手が出ず見逃し三振。兄に軍配が上がった。

 勇輔は智弁和歌山高から日体大に進み、2018年にロッテのドラフト2位指名を受けプロ入り。150キロ超の直球を武器にルーキーイヤーの昨季は中継ぎとして24試合に登板し、3勝2敗7ホールド。純平は昨年のドラフト会議でDeNAに4位指名され、智弁和歌山高からプロ入り。強肩強打の捕手として期待されている。