オリ・山本は6回5失点で降板 乱調で4勝目ならず「練習から見つめ直していきたい」

2020年08月04日 21時22分

福田に移籍1号を浴びた山本

〝令和の剛腕〟オリックス・山本由伸投手(21)がまさかの乱調だ。4日のロッテ戦(京セラドーム)に先発したが、初回から走者を背負う苦しい展開を招き、4回には福田に特大の移籍第1号を被弾するなど、6回を8安打5失点で降板した。

 4勝目はならず「ストライク先行の投球ができていなかったし、納得のいくボールも少なかった。そういった中でも最少失点で粘っていかないといけなかった。反省すべきところはたくさんあるし、もっと練習から見つめ直していきたい」とうなだれた。