〝夏男〟広島・長野が今季1号同点3ラン!3試合連続マルチで打率急上昇

2020年08月04日 21時25分

今季1号同点3ランを放った長野。夏男がノってきた

 夏男がいよいよ本領発揮だ。広島・長野久義外野手が4日のヤクルト戦(神宮)で起死回生の今季1号同点3ランを放った。

 ここ3試合連続スタメン出場の長野。0―3の7回二死一、二塁で打席は役者に回ってきた。代わったばかりのヤクルト2番手・マクガフの2球目外角直球にバットを合わせる真骨頂の右打ち。高く上がった打球は右翼ポール際に飛び込んだ。

 劣勢をひと振りで跳ね返すと、広島ベンチはお祭り騒ぎ。ただ本人は「みんなでつないだチャンスだったのでランナーを還すことができて良かったです」とクールにコメント。コイの千両役者はこれで3試合連続マルチ安打とし、打率3割4分1厘に上昇。暑い夏が大好きな背番号5がエンジン全開ムードだ。