中日がキューバ出身の155キロ右腕ロドリゲスを支配下選手に 新背番67に「うれしい」

2020年08月02日 15時25分

中日が支配下契約を結んだロドリゲス投手

 中日は2日、育成契約選手のヤリエル・ロドリゲス投手(23)と支配下契約を結んだことを発表。ナゴヤドームで会見を行った。年俸は1500万円(推定)で背番号は「212」から「67」に変更された。

 ロドリゲスはキューバ出身で昨年行われた「プレミア12」ではナショナルチームの一員として活躍。今季、二軍で17回3分の2を投げて防御率0・51。最速155キロの速球が武器だ。

 背番号「67」のユニホームを身に着けたロドリゲスは「今までキャンプから試合に出させてもらって、二軍でも一生懸命やった結果、この番号になったと思うので、とてもうれしく思う」と笑顔。「自分を起用してもらった試合は自分の力を精一杯出してチームが勝てるように、チームが一番上に行けるように」と意気込みを語った。

 会見に同席した与田監督は「キューバでも(先発とリリーフの)両方していましたし、それをうちのチームの状況によって考えていきたい。無理に中継ぎで使おうとも思っていない、どちらにも考えられる。起用場所うんぬんよりも、彼の気迫のある投球が持ち味だし、速球も素晴らしいものがある。そういったところを存分に発揮してもらいたい」と新戦力の活躍に期待した。